CAD図面の入力・代行。各種(青焼き)図面の設計・トレースで御社を徹底サポートします。

言葉の魔法 使ってますか?

ブログ

言葉の魔法 使ってますか?

おはようございマックス
今日も絶好調の高谷です。

本日はモーニングセミナー 都島です。

近畿方面長 宇都 進氏の講話でした。

「実践力」というお題での講話。
話の中で人様の恩を感じる力→感恩力が重要ですとか、色々な話をされておりました。
しかし今日一番ピンと来たものは、「その人が使っている言葉は重要ですよ。」というところ。

例えばエレベータに乗り込んだ時、先にいる方が「何階ですか?」と聞いてきたとき、「あ、すいません、5階です。」
というのか、「ありがとうございます。5階です。」と言うのではすさまじく大きな違いがあります。

キャッスルホテル
普段使いの言葉が「すいません」という言葉を使う人は常に否定的なニュアンスの言葉を使っていると思います。
そしてそれを聞いているのはその本人。

そして、いつも「ありがとうございます」という言葉を使う人は常に肯定的なニュアンスの言葉を使っています。
同じようにそれを聞いているのはその本人。

コミュニケーションのなかで言葉の端々にそれらの言葉が出てくると、私は後者の人とお付き合いしたいと思います。

私も今でこそ肯定的な言葉が口を出てくる頻度が上がっていますが、以前は否定的な言葉を多用していたなーと
思い起こせます。

人の魅力ってそんな小さな、普段なかなか気付きにくいところに現れるんでしょうね。

魅力のある人の言葉づかい、姿勢、態度を見ているとそれをまさに日々実践しているのが見て取れます。

何より良くなりたいと思っている人にこそ、言葉遣いに気をつけなさいよと一言 言いたい。
一番大事な自分にプラス言葉を言い続けるのか?マイナス言葉を言い続けるのか?
1年~10年立った時に取り返せないくらいの大きな差になるんだよね。
大川

倫理を学ぶ方は基本プラス人種。入りたての人はそうでない方もいる。 そんな人には是非一緒に使う言葉をかえようぜ。と言ってあげたいな。

大きな事をしなくても、小さな事の積み重ねが結果的に大きな差になるんだと最近ようやく見えてきました。

学びの種があちこちに転がっている倫理。 自分のことを振り返ると、過去の自分、未来のなりたい自分がいる倫理。

以前誰かが言っていたよな~。 過去も未来もないんだよ。と。
有るのは「今」だけだと。

コメント



認証コード2573

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL.

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional