CAD図面の入力・代行。各種(青焼き)図面の設計・トレースで御社を徹底サポートします。

sittokuinfo

知っとく情報館

文字サイズ:

Autocadやエクセルなど、仕事をする上でちょっと困った時に便利な方法を載せています。
痒いところに届く方法ですので一度お試しください。

・AutoCadファイルが開かない時

図面を開くときに「バージョンが違います」とでてファイルが開けない時があります。
このような時は、AutoCadのファイルを「メモ帳」で開いてください。
すると↓のようになります。
エラー画像

この先頭の「AC1018」が識別するコードになります。

対応を以下に示します。

バージョンファイル形式識別コード
AutoCAD 20132013/LT2013 形式AC1027
AutoCAD 2010/2011/20122010/LT2010 形式AC1024
AutoCAD 2007/2008/20092007/LT2007 形式AC1021
AutoCAD 2004/2005/20062004/LT2004 形式AC1018
AutoCAD 2000/2000i/20022000/LT2000 形式AC1015
AutoCAD R14R14/LT98/LT97 形式AC1014
AutoCAD R13JR13/LT95 形式AC1012
AutoCAD GX-5/R12JR12/LT2 形式AC1009

上記表を確認し、ファイルバージョンを下げて保存したファイルを頂くようにすれば、ファイルを開くことができます。

・エクスプローラから文字を抜き出す

目的>
ファイルが大量にあり、ファイル名をエクセルなどで管理した時

結果>
フォルダ内のファイル名を一覧として出力できます。

方法>
テキストを開き 「DIR /b > ファイルリスト.txt」 と入力。
保存して拡張子を、txt ⇒ bat に変更し名前を「ファイルリスト」に変更。
テキストで作成
(↑こんなファイルができます)



作成した 「ファイルリスト.bat」 をフォルダAに入れてダブルクリックするとフォルダA内に 「ファイルリスト.txt」 が出力されます。
ファイルリスト.batをフォルダに入れる
(↑ファイルリスト.batをファイル名リストを取得したいフォルダに入れる)



ファイルリスト.batをダブルクリックする
(↑ダブルクリックで「ファイルリスト.txt」が作成される)



「ファイルリスト.txt」の中には 「ファイルリスト.bat」 の名前も含まれますのでご注意ください。
ファイルリストを取得できる
(↑「ファイルリスト.txt」の中身はこうなります)



いかがですか?
かゆいところに手が届くファイルのダウンロードはこちらから
↓↓↓↓↓


FileList.bat(←解凍してお使い下さい)

・Becky!でGMailの送信に失敗し、送信エラーになる時

・Pop3 995(SSL)
・SMTP 587
・SMTP認証 ON
・CRAM-MD5 OFF 、 LOGIN ON
・ユーザID、パスワードはGoogleアカウント

と設定すれば送信できると思います。

・作図に便利なLISP トリム

これは、トリムを2クリック作業から、1クリックに出来る便利なLISPです。

機能一覧

わかる方のみご利用ください。
びわ工房様の「Lispでスイスイ」様の記事を参考にしております。

この中で、「1クリックでトリム」、「1クリックで線延長」の機能が是非とも使いたいので、ありがたく使わせていただきました。

このLispファイルはちなみにこちらからダウンロードできます。 → SUISUI.LSP

上記SUISUI.LSPを、Autocad直下にコピー。

ツール → AutoLisp(I) → アプリケーションロード(L)

で、先ほどの SUISUI.LSPを選び、さらに、AutoCad起動時に自動的にロード出来るように、スタートアップ登録をしておいてください。

そして、revtrim とコマンドラインへ入力するか、コマンドをボタン登録してお使い下さい。
登録方法はは、「ツールバーをカスタマイズするには」を参考に登録すれば、ワンクリックで動作させることも出来ます。

また、以下に編集に便利なショートカットを載せておきます。
(個人的な趣味ですので、ご了承ください)

regenall 画面の再作図

sc(scale)   尺度変更

str   ストレッチ(stretch)

L(line)    線

ml(mline) マルチライン

F8  直行モード ON/OFF

F9   スナップ ON/OFF

F10   極トラッキング ON/OFF

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL.

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional