知っとく情報館

Autocadやエクセルなど、仕事をする上でちょっと困った時に便利な方法を載せています。
痒いところに届く方法ですので一度お試しください。

1.AutoCadファイルが開かない時

2.エクスプローラから文字を抜き出す

3.Becky!でGMailの送信に失敗し、送信エラーになる時

4.作図に便利なLISP トリム

5.マウスポインターを黄色い丸で表示させ、見やすくする方法

・AutoCadファイルが開かない時

エラー画像

図面を開くときに「バージョンが違います」とでてファイルが開けない時があります。このような時は、AutoCadのファイルを「メモ帳」で開いてください。
すると↓のようになります。

この先頭の「AC1018」が識別するコードになります。

対応を以下に示します。

バージョンファイル形式識別コード
AutoCAD 20132013/LT2013 形式AC1027
AutoCAD 2010/2011/20122010/LT2010 形式AC1024
AutoCAD 2007/2008/20092007/LT2007 形式AC1021
AutoCAD 2004/2005/20062004/LT2004 形式AC1018
AutoCAD 2000/2000i/20022000/LT2000 形式AC1015
AutoCAD R14R14/LT98/LT97 形式AC1014
AutoCAD R13JR13/LT95 形式AC1012
AutoCAD GX-5/R12JR12/LT2 形式AC1009

上記表を確認し、ファイルバージョンを下げて保存したファイルを頂くようにすれば、ファイルを開くことができます。

・エクスプローラから文字を抜き出す

目的>
ファイルが大量にあり、ファイル名をエクセルなどで管理した時

結果>
フォルダ内のファイル名を一覧として出力できます。

方法>
テキストを開き 「DIR /b > ファイルリスト.txt」 と入力。
保存して拡張子を、txt ⇒ bat に変更し名前を「ファイルリスト」に変更。

テキストで作成

(↑こんなファイルができます)

作成した 「ファイルリスト.bat」 をフォルダAに入れてダブルクリックするとフォルダA内に 「ファイルリスト.txt」 が出力されます。

ファイルリスト.batをフォルダに入れる

(↑ファイルリスト.batをファイル名リストを取得したいフォルダに入れる)

ファイルリスト.batをダブルクリックする

(↑ダブルクリックで「ファイルリスト.txt」が作成される)

「ファイルリスト.txt」の中には 「ファイルリスト.bat」 の名前も含まれますのでご注意ください。

ファイルリストを取得できる

(↑「ファイルリスト.txt」の中身はこうなります)

いかがですか?
かゆいところに手が届くファイルのダウンロードはこちらから
↓↓↓↓↓

FileList.bat(←解凍してお使い下さい)

・Becky!でGMailの送信に失敗し、送信エラーになる時

・Pop3 995(SSL)
・SMTP 587
・SMTP認証 ON
・CRAM-MD5 OFF 、 LOGIN ON
・ユーザID、パスワードはGoogleアカウント

と設定すれば送信できると思います。

・作図に便利なLISP トリム

これは、トリムを2クリック作業から、1クリックに出来る便利なLISPです。

機能一覧

わかる方のみご利用ください。
びわ工房様の「Lispでスイスイ」様の記事を参考にしております。

この中で、「1クリックでトリム」、「1クリックで線延長」の機能が是非とも使いたいので、ありがたく使わせていただきました。

このLispファイルはちなみにこちらからダウンロードできます。 → SUISUI.LSP

上記SUISUI.LSPを、Autocad直下にコピー。

ツール → AutoLisp(I) → アプリケーションロード(L)

で、先ほどの SUISUI.LSPを選び、さらに、AutoCad起動時に自動的にロード出来るように、スタートアップ登録をしておいてください。

そして、revtrim とコマンドラインへ入力するか、コマンドをボタン登録してお使い下さい。
登録方法はは、「ツールバーをカスタマイズするには」を参考に登録すれば、ワンクリックで動作させることも出来ます。

また、以下に編集に便利なショートカットを載せておきます。
(個人的な趣味ですので、ご了承ください)

regenall 画面の再作図

sc(scale)   尺度変更

str   ストレッチ(stretch)

L(line)    線

ml(mline) マルチライン

F8  直行モード ON/OFF

F9   スナップ ON/OFF

F10   極トラッキング ON/OFF

・マウスポインターを黄色い丸で表示させ、見やすくする方法

↓こんな感じで、マウスの位置をわかりやすく、見やすくするために色付きの円で表示している画面を見たことがあると思います。

↑ ↑ こんな感じ ↑ ↑

マウスがどこにあるか、黄色(任意の色)で目立たせる方法です。

このソフトは「 kokomite 」というフリーソフトで可能です。

以下のページから、写真にあるような「 緑のダウンロードボタン 」をクリックしてダウンロードしてください。
(ちなみに Windows10 で動作は確認できました)

ダウンロードして、ファイルを解凍し「 Kokomite.exe 」をクリックしてインストール。

 ↑ ↑ こんな画面が出てきます。

「 ON 」を押すと黄色い丸の表示が開始されます。
「 設定 」を押すと、各種設定が出来ます。

いくつかの色、形状、大きさ、点滅などこのみでカスタマイズしてください。

終了の時は、「 OFF 」をクリックすれば元に戻ります。

おすすめはHotkeyを使って、簡単に切り替えするようにすれば使いやすいかな。